電子マネー

生協組合員証・電子マネーのご案内

◆ 生協のお店で使える電子マネー

 

生協IC組合員証には電子マネー機能が付いています。事前にお金をチャージしておくことで、生協のお店や食堂での支払時に小銭不要でスムーズに精算が可能となります。
授業に必要な教科書や文具がすぐに購入できるよう、入学前に入金(チャージ)しておくことをおすすめしています。

money01.png

新学期すぐに必要なお金を事前にチャージ

シーン1
教科書(教材)の購入

こちらの金額は目安です。実際に必要な費用は学部・学科や履修科目により異なります。

20,000

シーン2
4〜5月の食事代〈食堂・購買の利用〉

1回の昼食代を350円とし、20回分として算出しています。

7,000

シーン3
文具・日用品の購入

こちらの金額は目安です。実際に必要な費用は学部・学科や履修科目により異なります。

3,000
money02.png

入学前にチャージしていただくことで、学ぶために必要な教科書や文具などの教材をきちんと購入し、 「学ぶこと」の準備をスムーズにすすめることができます。

指定期日までに組合員加入および事前(入学前)チャージの手続きが完了していれば、組合員証を受け取ってすぐに学内の購買・食堂でスムーズに利用ができます。

電子マネーの利用履歴(購入履歴)は、インターネット上の「大学生協マイページ」から学生と保護者双方で確認することができます。

生協電子マネー機能付 組合員証のご案内

大阪経済大学生協に加入いただくと、生協電子マネー機能付のIC組合員証「生協ICカード」をお渡しいたします。カードへ事前にお金をチャージしておくことで、キャッシュレスでスムーズにお買い物ができるようになります。

キャッシュレスでスピーディ.png
ポイント還元でおトクです.png
電子マネーだから現金より安全.png
保護者からでも入金できます.png

複合店、食堂のレジにて現金を渡してチャージ.png

1,000円からチャージ可能、現金購入時のおつりを 1,000円単位でチャージすることもできます。

現金不要! かざすだけで簡単支払い.png

現金の持ちあわせが無くても、お昼休みの混みあうレジでも、 カードのタッチでスムーズに精算完了。
電子マネーの残高はレシートや大学生協マイページ(利用履歴サイト) で確認ができます。


※生協電子マネー機能付組合員証(生協ICカード)の再発行には1,500円の費用がかかります。紛失しないように大切に保持してください。
※保管の際に磁気不良にご注意ください。スマホなどといっしょにしないでください。


お申込みはこちら 


電子マネーの利用履歴が確認できる 大学生協マイページのご案内

残高・ポイントの確認
電子マネーの残高・ポイントがマイページで確認できます。残高・ポイントは利用時のレシートにも印字されています。
コンビニからいつでも追加チャージ
生協に現金を持参することなく、最寄のコンビニ※で決済ができます。翌々営業日には生協レジにて「学生証一体型組合員証」に電子マネーをチャージすることができます。
※一部、利用できないコンビニチェーンがあります。
iphone.png
利用履歴が閲覧
パン・おにぎり・お弁当・お菓子や食堂で利用した「食の履歴」、書籍などの「学びの履歴」といった項目ごとに利用履歴が閲覧でき、保護者の方も安心です。
ミールシステムの利用履歴やメニューの栄養価も閲覧できます
ミールシステムをお申込みの場合は、利用時間・メニュー・栄養価情報が閲覧できます。履歴は必要に応じてダウンロードすることも可能です。
紛失などをしたカードの不正使用を防止するために、マイページからICカードの利用を停止することができます。生協の営業時間以外でも対応できますので安心です。

パソコン・スマホからの利用登録
お申し込みはこちら